小川 未来
中途入社

小川 未来

2009年入社 ホームネット株式会社
顧客サービス事業部カスタマーセンター
オペレーション課
サービス業・飲食業などを経て、「事務職に挑戦したい」と2008年1月にエルズサポートに入社。業務部で事務業務を担う。2年前より現在のホームネットのカスタマーセンターに配属。現在は受電および架電の業務にあたる。

電話の向こうのお客様に「安心」を届ける

私が所属するカスタマーセンターは、お客様からかかってきた電話の対応が主な仕事になります。電話の内容は多岐に渡りますが、主に私が担当しているのは、水まわりのトラブル、車のロードサービスの対応です。電話の向こうのお客様は水漏れなどのトラブルに巻き込まれて困っていたり、焦っていたり、時には怒っていたりすることも少なくありません。対応する私が動揺してはいけませんので、冷静かつスピーディに、また真摯に対処するよう、心がけています。また、私自身が現場に行けるわけではないので、対応する業者さんには、迅速にまた正確に現場の状況をお伝えし、一分でも早くトラブルを解決するようお願いしています。

高齢者からの「ありがとう」が聞ける仕事

小川 未来

お電話を受けるだけではなく、高齢者のご自宅に電話をかける「お元気コール」というサービスも行っています。契約内容により異なりますが、多い方ですと週3回、少なくても月1回程度、ご自宅へお電話をしています。お顔を合わせることはありませんが、定期的に電話をすることで信頼関係が生まれ、「若い人の声が聞けてうれしい」、「今日も電話を楽しみにしていたの」などのお声を頂くと、逆にこちらが元気になることも。入院されたという近況などを伺うと心配になりますが、退院されてきたら「お帰りなさい、またよろしくお願いします」などと、ていねいにお声がけをしています。こうした架電業務は当社ならではの仕事ですし、私自身のやりがいにもなっています。

意欲があれば、未経験でも
どんどん成長できる

小川 未来

私は事務職は未経験で入社しました。はじめは座学で教わることもありましたが、業務内容が多岐に渡るため、一度に覚えきることはできません。ですから、分からないことは先輩社員にどんどん聞いて、積極的に教えてもらいました。当時はかなりグイグイと質問していたのを覚えています(笑)。先輩たちも面倒くさがらず、ていねいに教えてくれました。未経験で成長してこれたのは、こうした社風や先輩方の指導があってのことだと思っています。これから入社される人も、素直に、また積極的に質問してきてほしい。仕事への意欲がある人は、どんどん成長していける職場だと思います。

慣れは禁物。常に緊張感を
もって仕事にあたる

小川 未来

当社には健康相談ダイヤルがあり、24時間365日、医療健康に関する相談も受けつけています。看護師など資格を専門スタッフが常駐しているので、いろいろとアドバイスをうけながら、対応しています。また、毎日ではありませんが、カスタマーセンターでは、命に関わるような通報を受けることがあります。私の瞬時の判断が命を左右することがあると思うと、身の引き締まる思いです。特に人の少ない夜間帯で仕事をするときには、いつ何が起こるかわかりません。ですから、この仕事に慣れは禁物。やりがいと責任感、ほどよい緊張感を持ち、これからも仕事にあたっていきたいと思います。

1日のお仕事

小川 未来 1日のお仕事
小川 未来

プライベート

カスタマーセンターは24時間365日稼働しているので、仕事は4交代でシフトを組んでいます。多くはありませんが夜勤もありますので、休日はしっかり休むようにしています。運動は得意ではないのですが(笑)、知人に誘われて山に登ったら、ハマってしまいました(笑)。今では年に2〜3回山登りをしています。好きなのは雪山。登頂した時はなんともいえない達成感があり、小さな悩みや日ごろのストレスが吹っ飛んでいきます。

PRIVATE PHOTO

  • 新卒採用に応募する
  • キャリア採用に応募する